ふにふにブログ

いつもよりふにふにと暮らしております
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 星と太陽 | main | そう >>

俺はー ジャーックバウアー

0
    3月6日啓蟄です。
    啓蟄の日は氷上さんのお誕生日です。(自敬表現)

    うわーーーぱちぱちぱち
    皆私が生まれた今日という日を存分に褒め称えるがいい!!(すぎたけど)

    昨日研究室で皆にお祝いしてもらい、食べに連れてってももらったんですが胃の調子が悪いということを言い出せずにいたら結局今日はお休みです。
    ぎゃふん!
    めちゃくちゃ痛いわけでもないんだよなあ。すげービミョウなの。起きたらなんか痛いかも…みたいな。

    ちなみに私は研究室で実質的に一番年下です。
    若いんだぜ!私まだ若いんだぜ!(必死)早生まれだし!

    何歳になったかはお口にチャックしたいお年頃になってしまいました。

    そんな新たな歳初めての朝は、コンビニでお釣りを貰い損ねた上に謝ってしまうという散々な感じでした。きっとこの1年の厄を肩代わりしたって信じてる。
    でも迎えにいくからね私の200円ー!



    さて落書きがあるからカテゴリが落書き更新です。
    19歳アレッ君。



    前から何回か描いてはいたんだけどもどうも髪型のめんどくささから描き方が定まらず。今回そこそこ固まってよかったです。
    尤も画力と根気の問題できちんと描けるようになるまでは時間かかりそうだけど、まあまずは落書きにできたってことでいいやもう。

    アレッ君「男の子ってなんで骨格が変に間延びするような成長の仕方するのかしら」的な顔立ちで、鼻とかすっきりしてるのに目元がこゆくて骨太、ぐらいのクドさがある感じで。あとガタイもいいです。背高いし。184ぐらい。
    オヤジがほっそりマッチョ系美少年なのと対照的なあたりおかんの形質が発現してそうだよな。
    周囲の人ら「もっとスッキリした髪型にすればいいのに…顔はかっこいいのにひくわぁ」って思ってるといいよ。そんで3人目の彼女にはOKされてるといいよ。そんで一人目の彼女は若干退いてるといいと思うよ!




    それからバトゥンをいくつか頂いております。
    今週末は講座旅行なのでまた来週にでもゆっくりとー!
    もっと前にいただいているのもあるんですけど、メール送ってからにします;音沙汰なくてほんとにすみません…






    さてあと愚痴ですが

    今年度はじめて後輩ができまして、近いテーマのM1を教えることになりました。で、普通は有機実験を1年やった子が入ってくるんだけどもそいつはB4のときに有機系研究室におらず、ほぼ4回生と同じ状態。初心者。
    そういうわけで他のM1に教えるよりもべったりついて一つ一つの動作を指示せにゃあならんことになっておりましたが、まあそいつがだな
    端的に言えばだな

    能力のない尊大なKY(ドクター進学志望)(キモ男)(クサ男)

    形容すると短いけれども今年度の氷上さんほんっとにストレスたまってました。それで。
    師匠も激しくKYだったけど弟子もKYかよ!!
    態度悪いし、私の逆鱗に触れるような悪意を持った嫌味(本人は俺クレバーアッピールなのかもね。頭わりーな)をゆったりするので個人的にだいっきらいになりました。
    つうか自分が頭いいって思ってんのねマジで。ペーパーテストはできんじゃねーの?みたいな風に思われてるけど、話聞いてたらそれもあんまし頭よくない。要領悪いしテンパるし何よりコミュニケーション能力が皆無。

    んで、前期はお客様だからちゃんと教えて後期は放置。
    だって自分で人に聞いていけなかったらこれからやっていけねーじゃん。
    それ以上に教えてほしければ普段から信頼関係を築いて行くべきです。
    しかしそいつどっちの努力もしない。実験の努力もしない。
    私は実験苦手だし要領悪いしあんまし頑張れておらず、同学年のアベレージよりほんとにはっきりいって劣ります。それでもその私より下なんだよ!なんで私が4回生でできてたことができねーんだよ!!

    そんな彼ですが、将来の夢は教授だそうです。
    一縷の望みもねーよ

    その前に博士に進学するのも正直無理だと思います。
    いやうちの研究室はそういう人材でも進学させちゃうんです。そういう方針。良し悪しだけども私は嫌い。
    博士は卒業するのがしんどい。うちなら論文3報と博士論文と公聴会。並みの努力じゃ出れません。(だから私就職なんだよ)
    いわんやアカデミックをや。それをそこそこ軽くこなせるぐらいでないと。

    で、無理だよ?もっと頑張ろうね?周りの人にどんどん聞いて情報もらわないとやってけないよ?レジュメもぼろぼろでしょ?って話をしたことがあるんですよ。
    …これスタッフの仕事だと思うんですが、なんか気がついたら私が言う流れになっていてめちゃくちゃ嫌な思いをしました。中学生に言い聞かせる雰囲気でいわなあかんのですから。(精神年齢的に)

    そんで、昨日、彼が私らのテーマの大元の研究を仕上げた助手さんと話しこんでいたんですね。

    「ああ他人に聞くようになったんやなあ、偉くなったなあ、わずかやけども進歩やなあ」

    って思ってたら後で先輩いわく

    「奴がずっと怒られててね…お前今のままでいいと思ってんの?!みたいな。」
    オウッフ

    「しかもあいつ、「なんで周りが教えてくれないんだって思ってました」ってゆってた」


    ちょう ショック

    他の先輩の目から見ても私かなりべったり教えてたはずですが。

    なにかね、君は  何からなにまでお膳立てされないと何もできないのかね



    この無能め



    そゆわけで、もうほんと前からそうしえはいるけども一切合財近づかないようにしようと思います。
    私の力量では毒のレベルの調整ができません。叩き潰すような発言をしかねないぜ。


    近況でした。
    はーすっきりした!
    落書きとか更新報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://aqua.aquablue.raindrop.jp/trackback/726983
    この記事に対するトラックバック